電気、設備、土木業界の仕事はズバリ、キツいのか?

建設ラッシュによって必要とされる技術者達

オフィスビルを始めデパートやショッピングモール、アミューズメントパーク、工場や駅。大規模で専門的な技術と知識を必要とする大掛かりな電気設備工事は、年々その案件が増えてきていると言います。特に来年の東京オリンピックに向けて建設ラッシュはますます進み、電気設備の優秀な技術者や専門家が求められています。

しかし同時に、近年は慢性的な人手不足も懸念されている実情もあります。特に若い技術者は求められていますので、このサイトを見たことを機に、電気設備関連の資格取得などに目を向けてみてはいかがでしょうか。転職にも強くこの業界はハッキリ言って、今後も強く生き残る分野でしょう。難関資格であればあるほど、取得すればあなたの強みになります。

では具体的にどのような仕事になるのかを見ていきましょう。

仕事内容と資格

電気設備業界であなたが技術者として働くならば、以下のような職種があります。設備設計、積算、施工管理、施工図作成、保守メンテナンス、CADオペレーター。

専門学校などで技術を学ぶ女性も多いという点ではCADオペレーターはお勧めです。保守、メンテナンスは文字通り点検と修復作業の専門家。施工図作成は工事図面作成者。設備設計は設計事務所が設計した図面をもとに電気設備の配置等を考え、電気設備図を作成します。積算は電気工事で図面を元に工事費用を算出する仕事。施工管理は工事作業の監督業務を担う人です。電気工事施工管理技士という国家資格が必要で、一級ともなるとかなりの難関試験となります。

何れにしても、専門資格が必要なスペシャリストということになります。


▲ TOPへ戻る